こんにちは!イルチブレインヨガ銀座スタジオです。

先日のニュージーランド瞑想旅行の続きです。

ニュージーランド瞑想で、ニュージーランド最古の木、タネ・マフタに会いました。タネ・マフタとは、マオリ語で「森の神」という意味です。マオリの伝説だは、タネ・マフタのお父さんは天空神、お母さんは地神とされていて、森に住み全ての生命はタネ・マフタの子供とされています。

またタネ・マフタは、屋久島の縄文杉と姉妹木の提携をむすんでいます。

樹齢はおよそ3000年!長い間、様々に変化する地球を見守ってくださいました。きっと本当にたくさんのことがあったのだと思います。それでも今、こうしてその姿を見せてくださるのは、タネ・マフタが元気でいて下さったことと、マオリの方々が守って下さったからです。

タネ・マフタからたくさんのエネルギーをもらったのとともに、これからの世代にも引き継いでいきたい、大事な地球を守っていこう!と心に誓いました。