先日新聞でノーベル賞作家の大江健三郎さんが脱原発の1000万人の署名を集めているという記事を読みました。

いろんな考え方があるのは理解できますが、私も原発は反対です。

5年前の3.11から後世へ渡していくべきものを沢山の犠牲の上に私達は学んだのではなかったか?

思います。

自然界で処理できないものを、いくら子の為とはいえ、母なる地球は喜ぶのでしょうか?

最近の私の判断基準は

これは地球にとって良いことか?

後世への影響はどうなのか?

というのが大きくしめます。モチロンそこまで大げさにならない事も沢山あります。

でも、みんながそのように考えて動いていけると、

私達の母なる地球も長生きしてくれるように思います