純粋で条件のない愛

「どんなときに幸せだと感じるか?」
という質問に多くの人は、
誰かを愛し愛されるときと答えます。

「どんなときに不幸だと感じるか?」
という質問には、愛することも
愛されることもないときだと答えます。

愛は、多くの人を
幸せの雲の上に乗せたかと思うと
不幸のどん底に突き落としたりします。

本当に純粋で条件のない愛は、
所有したり支配しようとはしません。

あっという間に愛が不幸に変わる理由は、
所有したり支配したりしようとするからです。

愛が不幸に変わろうとするとき、
相手を恨む前に自分が相手を
所有したり支配しようとしていなかったかを
まずチェックしてみる必要があります。

そして、そのような執着ではなく
純粋な魂の愛を選択するのです。

一指李承憲著『人生120年の選択』より