イルチブレインヨガの「つま先たたき」

今日は、不眠でお悩みの方にぴったりのブレイン体操を紹介します。イルチブレインヨガの「つま先たたき」です。

私たちの体は手足の指先から脳までが一つにつながっています。とくに足は、人体の縮図といわれ、全身の各部位の健康状態を反映する「反射区」があります。

足の中で脳と直接つながっているのが、親指です。足の親指は「大脳」「脳下垂体」「脳幹」といった極めて重要な部位と関係しており、刺激すると、末端の毛細血管が開き、血行がよくなります。気エネルギーの詰まりも解消され、体がリラックスできます。
イルチブレインヨガの「つま先たたき」
イルチブレインヨガの「つま先たたき」は、両足をそろえた状態で、左右に開いたり閉じたりして、つま先同士をコンコンとぶつけるブレイン体操です。繰り返し足全体を開いたり閉じたりするので、股関節がほぐれます。気エネルギーを下半身におろすのに重要なポイントが股関節です。股関節が詰まると気運が足先まで下りず、頭に血が上ってしまいます。そうなれば眠れなくなります。股関節がほぐれることで全身に血液と気エネルギーがうまく循環できるようになるのです。

また、つま先に意識を集中させることで、脳活性化が促され、健康的になります。睡眠を促す脳内ホルモン「メラトニン」の分泌がスムーズになり、夜ぐっすりと眠れるようになります。
イルチブレインヨガの「つま先たたき」

Let’s Try!
左右のかかとをピタリとくっつけ、リズミカルに足同士をぶつけてみましょう。

1.足をそろえます。
2.足をお互いにぶつけあいます。音が出るくらいの強さで!

Point! かかと同士が離れないようにします。
座って行ってもよいし、寝て行っても大丈夫です。できれば1回1回を強めに叩くと効果が高いのですが、体調に合わせて行ってください。

最初は少しずつ始めて、慣れてきたら回数を増やしましょう。はじめは、リズムよくできないかもしれませんし、股関節や太ももからだるさや痛みが出ることもありますが、毎日少しずつ続けていると体のエネルギー循環が良くなり、体全体がスッキリする感覚を得られます。毎日少しずつ増やしていき、1000回を目標にしてみましょう。

 

 

 

イルチブレインヨガの「つまたた叩き」

腰のゆがみを整える

私たちの骨盤は、ぜい肉や内臓の重さによって、過度に開いたり、ずれたりしがちです。骨盤を整え、内臓を正しい位置に戻すことができるイルチブレインヨガの「ひざをひねる」体操を紹介します。
ニュートンは、家の庭でりんごが木から落ちるのを見て、重力を発見しました。いわゆる「万有引力の法則」です。この法則は、私たち人間の体内にも当てはまります。年齢を重ねていくと、ぜい肉や内臓もどんどん垂れ下がっていくのです。
ぜい肉や内臓を支えているのは、骨盤というお皿です。ぜい肉が重いと、骨盤が開いたり、ずれたりします。そうなると、腰やお尻にも負担がかかり、血行が悪化。お腹周りの筋肉が硬くなり、便秘にもなりやすくなります。
そこで実践したいのが、イルチブレインヨガの「ひざをひねる」ポーズ。腰を左右にねじることで、腰や骨盤ゆがみを調整します。腰まわりの緊張がほぐれて、血流もスムーズに。代謝もアップし、筋肉が動きやすくなって体が安定します。腰がスッキリするので、朝起きるとき腰がだるい人にもオススメです。
<ひざを左右にひねる体操>
1. あお向けになり、両腕を横にまっすぐ伸ばし、手のひらは下へ向けます。ひざを曲げ、胸のほうへ引き上げます。
2. 両ひざを合わせ、息を吸いながらひざを右へ倒し、頭を左へねじります。
3. 息を吐きながら、①に戻ります。反対側も同様に行います。3回繰り返します。

腰のゆがみを整えるイルチブレインヨガの「ひざをひねる」体操

 

イルチブレインヨガの屈伸運動で下腹ダイエット

食欲の秋。「お腹まわりのぜい肉をなんとかしたい」とお考えの人にオススメなのが、イルチブレインヨガの「寝ながら屈伸運動」です。床の上であおむけになり、ひざを曲げ伸ばしすることで、お腹の筋肉を刺激するエクササイズです。
イルチブレインヨガの寝ながら屈伸運動は、腹筋の下部にストレートに効くエクササイズです。あおむけになり、頭を半分上げた状態で、ひざを屈伸させます。骨盤を意識しながら、ゆっくりとひざを曲げ伸ばしすることで、下腹部を刺激します。
このトレーニングは、「腸腰筋」(ちょうようきん)が鍛えられます。腸腰筋とは、お腹の奥の腰のあたりに存在する筋肉で、インナーマッスルの一つ。背骨を支えており、正しい姿勢をキープするうえでは欠かせない箇所です。
腸腰筋が衰えると、背骨と骨盤がゆがんで内臓が下がり、お腹がぽっこりしやすくなります。30代ごろから急速に衰えやすくなるとされており、ダイエットをするうえでは、ぜひ意識したところです。
イルチブレインヨガの「寝ながら屈伸運動」で腸腰筋を鍛えると、身体のゆがみがとれて血流がスムーズになり、代謝がアップする効果が期待できます。肩こりや便秘の人にもオススメです。

<ひざの屈伸運動>
1. あおむけになります。
2. ひじを立てて上体を少し起こし、両手で腰を支えます。息を吸いながらひざを曲げ、足を地面から少し離します。

 

 

 

 

 

 

 

3. 息を吐きながら、ひざを斜め上の方向に伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

4. 30回繰り返します。
Point:息を吐くとき、ひざにたまっている古いエネルギーがつま先から出ていくようにイメージします。

丹田をなでて自信回復

イルチブレインヨガのトレーニングは、頭をすっきりさせる効果があるメニューが盛りだくさん。

その一つが、丹田(たんでん)をなでる動作です。丹田とはおへその下5センチ、その奥5センチくらいのところにあるエネルギーセンターです。体の中心である丹田を手でなでることで、エネルギーの循環が良くなり、自信に満ちた気分になれます。
朝起きたときに「お腹が冷えている」と感じることがあると思います。寝ている間はどうしても下半身やお腹が冷たくなりがち。体が冷えていると、エネルギーが頭のほうに集中してしまうため、精神的にもイライラしやすくなります。
そんなとき、丹田のまわりをやさしくなでてあげると、気分がすっきり。頭の回転も良くなります。
手をゆっくりと動かすのが効果を高めるコツ。時間があまりないときは、最初に手をこすって手のひらを温めてから、丹田を何回かなでるだけでも効果があります。
イルチブレインヨガのトレーニングでは、常に丹田を意識するよう心掛けて下さい。

丹田をなでる

丹田をなでて自信を回復

① 仰向けになって足を肩幅に開きます。
② 手を熱くこすって丹田を時計回りになでます。丹田部位が冷たければ両手をへそのまわりにおいて手の温もりがお腹の奥に伝わるのを感じてみます。
③ お腹が温かくなったら両手を丹田にのせてゆっくりお腹で息を吸って吐き出す腹式呼吸をします。
⑤ 5回以上繰り返します。

丹田をなでて自信を回復

⑥ 胸から丹田まで手のひらで円を描きながらなでおろします。

出典: ブレインメディア

★ ★ ★

 

脳教育Good News!!

こんにちは。脳教育超Good News!!

グローバルサイバー大学の李承憲学長が エルサルバドル政府最高賞である ホセ・シメオン・カニャス賞を受賞しました。 ホセ・シメオン・カニャス賞は 人間の社会的・教育的・科学的 そして博愛主義の大きな実践を行った 自国民及び外国人に授与され、特に 人間の尊厳性を高めて守った偉大な行動に 国家的な感謝を表すために授与される賞です。

李承憲学長 エルサルバドル政府最高賞受賞&大統領ミーティングhttps://youtu.be/9LLj5ltaEPU

この秋はイルチブレインヨガの「皿回しデトックス」

秋になると、急に涼しくなることが増え、寒暖差によって体が負担を感じやすくなります。とくに要注意なのが、内臓です。体が急に冷えることで、内臓の働きが鈍り、毒素もたまりがちに。イルチブレインヨガの皿まわしエクササイズで血液の流れをスムーズにして、しっかりとデトックス(毒素排出)しましょう!

9月に入って肌寒くなると、急な温度変化に体がついていけず、自律神経が乱れやすくなります。また、朝晩の寒暖差が大きくなるだけでなく、空気が乾燥するため、水分も不足がち。体全体のバランスが崩れて、内臓機能が低下したりすることがあります。内臓機能が鈍ると、腸内の環境も悪化し、免疫力が低下。さまざまな体調不良を招きやすくなります。

そんな季節の変わり目の体調不良を防ぐために、運動がとても大切。運動によって血行を良くすれば、冷えが解消でき、内臓の機能低下を防ぐことができます。とくにオススメなのが、イルチブレインヨガの皿まわし運動。血液の流れをスムーズにすることで、肩こり、腰痛、冷えなど、体の不調を改善へと導きます。代謝がよくなり、老廃物が体外へ排出されるというデトックス効果も期待できます。

イルチブレインヨガの皿まわしで老廃物を排出すれば、脂肪組織に蓄積した老廃物や余分な水分の排出を促すことができ、セルライトの予防にもつながります。ぜひ、この秋は「皿まわしデトックス」に取り組んでみてください。

皿回しエクササイズはこちら http://saramawasi.com/

 

脳と腸にいいこと

こんにちは。今日は脳腸にいい食品をご紹介します。

脳の65%は油なんです。良質は油を取ることが大切です。

良質は油は代謝を促し、体脂肪を落ちやすくします。

最近よくきかれるオメガ3脂肪酸は胃や腸にある温度センサーのスイッチをオンにします。すると、脳から体温を上げるためのホルモンが分泌されます。
このホルモンが体の各部にある体温調整細胞を活性化させることにより、体が温まる=エネルギーを燃やすことになるそうです。
つまり、オメガ3は体重や体脂肪の増加を抑えるダイエット効果があると考えられます。
すると、脳から体温を上げるためのホルモンが分泌されます。
このホルモンが体の各部にある体温調整細胞を活性化させることにより、体が温まる=エネルギーを燃やすことになるそうです。
つまり、オメガ3は体重や体脂肪の増加を抑えるダイエット効果があると考えられます。

オメガ3脂肪酸は以下のような食品に含まれています。
青魚(魚油)
えごま油
シソ油
亜麻仁油
くるみ
緑黄色野菜
豆類など

限界は錯覚だ  ILCHI希望の手紙より

世の中の多くの偉大な創造は、時には命をかけた冒険の中で起こります。

私たちが、限界だと思っていることは多くの場合、錯覚です。

あらかじめ自分の限界を決めるのではなく、飛躍できる大きな夢を自分自身に与えましょう。

希望の手紙 一指李承憲

ILCHI希望の手紙のバックナンバーはこちら

 

創造の始まりは自分から ILCHI希望の手紙から

私が信じる創造の鉄則のひとつは
「創造の始まりは自分から」です。

まず自分のエネルギーを明るく
肯定的に変える必要があります。
それが創造の始まりです。
創造するには、
創造できる明るいエネルギー状態を
自らつくらなければなりません。
例えば、心配したり悩みながら
重いエネルギーの中で
もだえている自分に気づいたら、
すぐに意識を目覚めさせて立ち上がり、
1分運動をします。
自分の身体と長年の習慣に
「私がおまえの主人だ。私の人生は私が創造する」
と確実に植え付けるのです。
そうすると、体と心のエネルギーが変わり、
脳の力が蘇り、創造力がうごめきはじめます。

一指李承憲著『人生120年の選択』より

イルチブレインヨガの脳活性ヨガでいつもチャレンジする脳に

最も効率の良い「脳活性」の方法は、新しいことに挑戦することです。今までやったことのないことに取り組むとき、脳はパワーアップします。イルチブレインヨガは、そんな“脳の挑戦”を促すエクササイズです。

私たちの脳には、1000億もの神経細胞があります。それぞれの神経細胞は、目、鼻、耳、皮膚といった感覚器官から入ってくる情報を読み取り、それを他の神経細胞に伝達したり、自ら処理したりしています。

高性能コンピューターを超える力を持つ人間の神経細胞ですが、通常、20歳を過ぎたころから数がどんどん減っていっていくとされます。とくに、知的機能の中心である大脳や運動調節の中心である小脳は、神経細胞が衰えやすいとされます。年を取れば取るほど知的機能や運動機能が低下するのは、神経細胞の減少が影響しているのです。

とはいえ、神経細胞の数が減ったからといって脳が衰退するとは限りません。神経細胞同士を結ぶネットワークを強化することで、脳力はむしろアップできます。

神経細胞のネットワークを強くするには、脳に刺激を与えることが大切です。神経細胞のネットワークは、新たな状況に直面するとき、強化されるからです。逆に、毎日同じことを繰り返していると、神経細胞のネットワークは弱くなります。

通勤・通学のときも、同じ道ばかり通るのでなく、ルートを変えたり、時間をずらしたりすることが脳活性化に役立ちます。また、イルチブレインヨガでは、ふだん動かさない筋肉を動かすヨガの動きにより、脳を活性化させていきます。脳の挑戦を促すことで、アンチエインジングへとつなげます。

イルチブレインヨガの「健康増進キャンペーン」~9月、入会金が半額に。この機会に新しいこと始めてみませんか?