雨で気分が鬱々とした時はこちら

こんにちは。
雨の日、いかがお過ごしでしょうか。

 

雨の日は気分が上がず、身体が重くなって、

何をするにもやる気が出なかったり、

ネガティブな思考が増えるので苦手、

なんてお話も伺います。

 

 

 

そういう気持ちになるのは、

実はとっても自然なことです。

 

 

雨の日は低気圧になることで、

副交感神経が優位になり、

人間の身体と脳は自然とリラックスモードに入ります。

 

 

その反面、心の動きも少なくなり、

瞑想をするのに適した状態にもなります。

 

 

気の滞りをなくして流れをよくするには

やっぱり体を動かすこと。

 

 

こんな日こそトレーニングがオススメです。
オンラインでもご参加いただけます。

—Love my selfメッセージ—
病気のもとはひとつです。

エネルギーの流れがどこかで滞り
生命体のもつ自然治癒力を
まともに発揮できていないのです。

 

滞っているところを流し
血の巡りとエネルギーの循環が
よくなるだけでも
たいていの症状は時間とともに回復します。

 

体を感じ、理解し、親しくなると
体からの警告サインに適切に対応し
病気を予防できます。

 

 

ちょっと調子が悪いからと
病院や薬に頼るのではなく

 

「私の体の主治医は私」と思い
体を動かし、体力をつけましょう。

 

意志と努力があれば
若く健康に長生きできます。
—————————
今日も良い一日でありますように✨

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

前の記事

自分を愛するゾウ